Processing...

Start

Content

だれでもできる出版セミナー

Price : ¥9,900 (tax incl.)

視聴期間 90日間
発明学会会員の方は、クーポンコードを利用することで会員価格でご利用いただけます。発明学会ホームページより会員専用ページにログインしてクーポンコードを入手してください。


発明家は出版に向いています。なぜなら「特許出願書類の書き方」を本の中に含めることができるため、「社会的意義がある本」になるからです。
実体験だけを書いた原稿は、この「社会的意義」が不足しがちのため、出版社としては出版しにくく、数百万円の費用が掛かる自費出版をするしかありません。
しかし、この「社会的意義がある本」にすることで、国立国会図書館にも収蔵されるし、全国の書店やアマゾンにも並ぶ、「企画出版」をすることができるのです。
今回は、発明学会会員だけに、2つの特典を用意しました。
出版すると人生が変わりますよ! ぜひ今年の目標にして一緒にがんばりましょう!


※本セミナーは2021年2月6日に開催された講習会を録画・編集したものです。

Content Overview

≪カリキュラム≫

  • 自費出版と企画出版の違い
  • 出版で得られるメリット
  • 章立てのしかた
  • 売込のしかた
  • 出版契約と印税
  • 宣伝のしかた

発明学会会員限定2大特典

特典1 2章分の原稿データをご提供
「特許出願書類の書き方編」「発明学会紹介編」の原稿を書く必要がないように、2章分の原稿は当会のデータをご提供!
特典2 印刷原価を負担すれば企画出版できるルートをご紹介!
出版される本を300冊(1600円の本の場合は、7掛け1120円×300冊=33万6千円)買い取れば、出版社としては損をしないため出版ができます。
300冊分の印税(7%160円×300冊=33600円)も当然支払われるため、実質30万円ほど(編集費別)で、書店に並ぶ本が出版できます。このような方法で出版できるのは、会長中本の本を多数出版し懇意にしている出版社だけです。

Content Curriculum

Part 1

Duration: 21:24

挨拶・自己紹介

Part 2

Duration: 18:26

自費出版と企画出版の違い

Part 3

Duration: 11:34

出版で得られるメリット

Part 4

Duration: 09:31

章立てのしかた

Part 5

Duration: 11:37

売込みのしかた

Part 6

Duration: 19:11

出版契約と印税

Part 7

Duration: 33:11

出版で得られるメリット2

Part 8

Duration: 24:08

質疑応答コーナー